動画授業で自宅でMOS資格が取れる!!

私は、マイクロソフトが認定するMOUSマイクロソフトオフィススペシャリスト、現MOS)というオフィス関係の資格を5年ほど前にパソコンスクールに通って取得しました。
ワード2003とエクセル2003をそれぞれ合格しました。

MOS対策のパソコンスクールの授業料の相場はいくらぐらいだと思いますか?

◆受講費用相場:15万〜20万円(全80時間)
◆マイクロソフトスペシャリスト(MOS)のレベルまで 3ヶ月
ワードとエクセル2科目の場合、180分×週2回で3ヶ月。

こんな感じですね。もの凄く高いとも思いませんが、安いわけでもありません。 
 
パソコンスクールにわざわざ通わなくても、自宅で学習して、MOS資格をゲットすることもさほど難しいわけではありません。
 

とはいえ、教本を読みながらは結構つらいので、動画の授業は必須ですね。

3万円程度の評判のいい、ソフトをご紹介します。


パソコン資格でよい就職・転職・独立を!

もうすぐ春ですね!
 
春といえばやっぱりパソコン資格
 
特に、最近はパソコン関係の資格取得が大人気です!
 
不況、不況とは言いますが、パソコン業界はまったく関係なし!
 
パソコン関係の求人は、引く手あまたで、まだまだ人材が足りません!
 
そこで、この春こそ!パソコン資格を取ったり、ソフトを使えるようになって、 よりよい転職や就職、さらには独立に向けた一歩を踏み出しませんか?
 
 『だけど、パソコン教室は割高だし、通うのが面倒…でしょ?』
 
『未曾有の大不況で将来が不安なので、スキルアップしたい…』
 
 『本でパソコンの勉強をするのが苦手で、挫折した…』
 
そんなことでお悩みでしたら朗報です!「動画でわかる」という教材をご紹介です!
 
「動画でわかる」では、397時間に及ぶ講義で、 エクセル、ワード、パワーポイントといったオフィス資格対策はもちろん、ホームページ作成や、フォトショップ、イラストレーター、さらにはプログラミングまで学べてしまいます!
 
パソコンスクールパソコン教室の何倍も安い価格で受講ができます!
 
 ⇒  397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007,Photoshop,Illustrator,Dreamweaver,Flash,Java,PHP,C,SEO,PPCが学べる!

パソコンスクールに事情で通えない人に最適

これから春にかけて、パソコンスクールに通おうと思って、パソコン教室の資料を取り寄せたりする人が増えます。
 
パソコンスクール入学を勧めるテレビでのCMも増えてくることでしょう。
 
確かに、オフィスをはじめ、パソコンの各種ソフトが使いこなせるようになるための最短の方法は、パソコンスクールに通うことです。
 
お金はかかりますが、本を買って自習するよりかなりの時間短縮になります。また定期的に、一定の時間間隔で学ぶので、パソコンスキルが身につき安いんですね。
 
でも、高額な入学金や授業料が捻出できない、仕事やクラブ活動の都合で定期的にパソコンスクールに通うことができない、、、、という事情の方もたくさんいることでしょう。
 
自宅で学習する場合は、安易に考えてはいけません。通信教育を受講する方の多くは、数か月以内に挫折してしまうからです。
 
パソコンのスキルを上げたいという強い願望がなければ、学習を継続することは難しいのです。
 
今話題の動画でパソコンスキルが身に付くDVDセットは、大変分かりやすくお買い得な商品です。パソコンスクールに通いたいけど、時間や経済的な事情で難しいという方には、お勧めです。
 
自分だけでなく、友人や家族とでも使うことができるので、共同購入という手もありますね。
 
こんな方に200時間近い動画を収めたDVD4枚セットをお勧めします。今だけ、iPodなどでも受講できる動画もプレゼントされるので、合計で400時間近くになります。
 
・オフィス(ワード・エクセル)をマスターしたい。
・オフィス2003だけでなく2007も同時にマスターしたい。
・オフィスのワンランク上のスキルも身につけたい。
・ワード・エクセルだけでなく、アクセスやパワーポイントもマスターして、就職活動を有利にしたい。
・ウエブデザイナー関連のアドビのソフト(フォトショップやイラストレーター)が使えるようになりたい。
・ネットビジネスに役立つ、基本スキルを学びたい。
 
397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007,Photoshop,Illustrator,Dreamweaver,Flash,Java,PHP,C,SEO,PPCが学べる!

webデザイン学校

パソコンスクールとは少し違うかもしれませんが、若い人が、専門技術を身につけるために通うことが多くなったwebデザイン学校について、ご紹介します。
 
webデザイン学校は、ホームページやブログ作成を手がけるプロを養成するための学校です。
 
昨今のインターネット普及に従って、ホームページなどは年々増加傾向にあります。インターネットが膨張を続けていることで、web業界は人手が慢性的に足りない状態にあるといわれています。ますます注目されつつあるのが、ホームページのデザインや設計を手がけるwebデザイナーwebエンジニアという仕事です。
 
webデザイナーは非常にクリエイティブな職種で、デザインのセンスだけではなく、プログラムの知識も必要になります。この職種は幅広い活躍の場があるといえます。そのためにも確かな知識と技術を見につけることが大切です。
 
webデザイン学校は、グラフィックやイラストデザインだけでなくプログラミングやマーケティング理論も学べる学校です。webデザイナープログラマーへの就職の紹介や、パソコン初心者に向けての講座などを手がけているwebデザイン学校もあります。一生ものの、webデザイナーwebエンジニアとしての技術や知識を実につけることができるのが、webデザイン学校だといえます。
 
長時間通うことになるので、授業の中身をじっくり吟味しましょう。自分の求める学科、講座が見つかるまで、いろいろな学校を比較検討することをおすすめします。相談窓口で、キャリアや進路について話せるwebデザイン学校もあるそうです。カウンセリングを受けながらwebデザイン学校の雰囲気を掴むことも重要です。

表計算ソフトエクセルを習う

パソコンの家庭での普及率が60%以上を超えている現在、企業で、もはやパソコンを使っていない会社なんてありえません。パソコンがつかえません、というようなことはサラリーマンでは許されない時代なのです。

今まで、経理上の集計や資料作りに毎月月末になるとものすごい時間をかけて机上で作っていたものが、今や、パソコン表計算ソフトのエクセルなんかを使うとあっという間に出来てしまって時間も労力も半減でき効率よく作業が出来るようになりました。

今の時代、パソコンを使えなければ事務仕事なんて出来ないという位になってきています。
パソコンを使うと言うことは一体どういうことでしょうか?

一昔前だと、パソコンと言うとプログラムを作るというイメージがありましたが、今ではそうではありません。
普通にキーボードが打てて、メールが使えれば最低限はOKです。しかし、さらに、ワードのようなワープロソフトエクセルなどの表計算ソフトが使えたら、それほど会社で困ることはないでしょう。

ワープロ用のワードは何とか使えても、エクセルは苦手という中高年はたまにいます。


主婦の方などは、表計算エクセルと聞くと、ちょっと手が出しにくい「教えてもらわないと無理」と腰が引ける人が多いかもしれませんが、慣れて使えるようになると、これほど便利な物はないと驚きます。パソコンの素晴らしさは、エクセルを使いこなせると実感できるようになります。

セルと呼ばれるマス状の空欄に計算式を覚えさせておくと、数字を入れただけで、自動的に計算してくれます。これは非常に便利な機能で、家計簿でも、帳簿でも、表にして作っておくと、毎月の計算が、数字を入れるだけですので、簡単になります。また、作った表はシートになっていて、そのシートは簡単にコピー(複製)できますので、月が変われば、新しい表を使うこともできます。


エクセルは、とにかく便利で、簡単な機能なら、すぐに覚えられますが、ちょっと高度な機能となると、やはり、パソコンスクールで順を追って覚えていく方が効率よく学べるでしょう。
 
エクセルは、非常に奥の深いソフトで、完璧に使いこなせる人は非常に少ないです。しかし、全機能の10%〜20%も覚えるぐらいで、会社での事務などはたいていできてしまいます。

パソコンスクールで最もよく教えられているソフトは、恐らく表計算ソフトエクセルではないでしょうか。ついで、ワープロソフトのワードですね。事務系や経理系のオフィスワークをしたい人には、必須のパソコンスキルですので、普通以上に使いこなせるようになりたい人は、お近くのパソコンスクールの講座内容を調べてみてください。エクセルやワード関連の講座がたくさん見つかることでしょう。

パソコンスクールは必須事項?

パソコンスクールは、パソコンを学ぶ人には必須事項なんでしょうか? 

パソコンを不自由なく使えるようにするにはどうすればいいのでしょうか。
 
パソコンスクールに通わなくても、パソコンを買って、毎日使っていると自然に覚えられるのでしょうか?
 
私自身がパソコンをマスターできたのは、仕事で使わざるを得なかったからです。
 
つまり、自分が使いたかったからではなく、使わざるを得ない状況にあったので、いつの間にか使えるようになったのです。
 
最初は、会社で簡単な講習を受けたり、分からないことがあったら、近くの人に尋ねたり・・・と苦労しましたが、基本的な操作が分かってくると、それ以上分からないことは、help(ヘルプ)で調べたりして、徐々に覚えてきました。
 
しかし、誰もがそういう状況にあるとは思えません。家族で詳しい人がいれば、いちいち質問して教えてもらうのが一番手っ取り早く上達も早いです。しかし、それも難しいことがあります。忙しい人に質問ばかりしていては迷惑を掛けることになります。
 
やはり、一番手っ取り早く、無駄なく計画的に学習できるのはパソコンスクールです。
 
問題は、通学時間や授業料です。仕事や学業が終わってから行くと、夜間になり、仕事や学業に差し支えないか検討する必要があります。また、土日を利用して集中的に行うこともいいのですが、家族サービスや自分の休暇に影響を与えそうです。
 
いずれにしても、何かを犠牲にして、パソコンスクールに通わないと上達できないでしょう。自動車の免許を取るには、自動車学校に通うように、パソコンを学びたければ、パソコンスクールに通うべきです。
 
ただし、自動車免許は独学では大変ですが、パソコンの場合。時間をかければ、独学でもある程度はマスターできます。
 
図解の多いテキストなどが市販されているので、ゆっくりその通りにやっていくと覚えることができます。最近は、講習用のビデオも出ていますので、学ぶ教材に事欠きません。
 
基礎だけをパソコンスクールで習って、後は誰か知り合いに教えてもらうなり、市販されているテキスト集を使うなり、通信教育で頑張ってみるなりしてみるのもいいですし、基礎は独学で学んで応用編(例えば、プログラミングやエクセルやワードの使い方)みたいなのをパソコンスクールで学ぶのもいいと思います。一から十まで全部パソコンスクールで学ぶのではなく、習いたい部分だけパソコンスクールを活用するといった柔軟な使い方を一工夫してみてはどうでしょうか?

また、全部パソコンスクールで教えてもらうとなるとかなり学費が高額になる可能性があります。そういう場合、もしあなたが雇用保険に5年以上加入しているのであれば、国から80%の補助金(上限有り)が出る制度がありますので利用してみるのも賢い方法です。ただし、補助金の対象となるコースで、コースを一定の基準で修了している必要があります。コースの修了後に、申請すれば、ある上限までの80%の授業料が還付してもらえます。以下に、この教育訓練給付金制度について概要を記載します。

■厚生労働省の教育訓練給付金制度について
  ○教育訓練給付金制度は、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の新しい給付制度です。詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

  ○一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了するとハローワークより補助金が支給されます。

パソコンスクールとは

インターネットやパソコンをやってみたいけど、どうやったらいいのか分からない。最初の取っかかりだけでもパソコンスクールに通って習ってみたい。と考えている方は少なくないと思います。

最近は、学校でも「情報」の時間にパソコンを習うようですので、若い人は、自分でもやっていけますが、高齢者の方などは、触ったこともない方も多いので、自力ではとても使えるようにはなれません。

とはいえ、パソコンスクールと一言で言ってもどういうところに通ったらいいか分からないし、どういうことを教えてくれるかすら分からない。
受講料金がとても高いのではないか?と不安に思う方も多いと思います。

パソコンスクールには、Office系、ネットワーク系、言語系、CAD系、Web系など様々な分野があり、自分がどういったことを習いたいのかで進む所が違ってきます。

一般的なパソコンの知識をまず教えて欲しいと思ったら、office系から習得するのがいいと思います。


office系のパソコンスクールはMOSという資格を取るための勉強をするところが多いです。MOSというのは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)という事務系の資格です。ワープロソフトWordや表計算ソフトExcelの操作技能を検定する試験です。

MOSは学生などは、持っていれば多少は就職に有利な資格です。ただ、パソコンスクールの受講料金WordとExcelだけで15〜20万円ほどかかる所もあるようです。これを高いと思うかどうかは習いに行く人次第だとは思うのですが、全くの初心者が習うのであれば、WordとExcel位は習っておいた方がいろいろ便利ではないかと思います。

どんな資料を作るにしてもWordとExcelは使えますし、事務系の就職を目指す人には必須の技能です。自宅で文章を書いたり、表計算でお金の計算をする場合などにとても役に立ちます、

 

パソコンスクールで一通りの初心者向けの知識を習得して、それから色々な事にチャレンジして幅を広げていくようにすればいいと思います。

パソコンスクールを「パソコンは面白いし簡単だ」と思えるような、きっかけ作りと捉えることが大切です。