パソコンでできること

今や一家に最低一台はパソコンがある時代となりました。
ちなみに、我が家は、夫婦と子供4人の6人家族ですが、私が2台、妻が1台、長女が1台、長男が1台、次女が2台、三女はなし。合計7台あります。ちょっと多すぎの感はあります。7台のうち、3台はMacです。以前はMac中心だったのですが、今は、Windowsにほぼシフトしています。 

キーボードを叩く速さなどは、子供たちのほうが速いです。それに子供たちは、ブラインドタッチといって、キーボードを見なくても、キーを打てるようです。パソコン暦10年以上の私は、未だに、キーボードを見ながらでないと打てません。しかも、右手は中指しか使っていないです。笑。

パソコンを使って色々やってみたいけど、どんな事が出来るのか分からない。触って壊してしまったらどうしようなど、色々不安はあると思います。
いっそ、パソコンスクールでも通ってきちんと最初から教えてもらったほうがいいのではないか?と思ったりもしますよね。

まずは、パソコンでどんなことが出来るのかを知ることが大切です。

例えば、こんなことができるようになります。
・ホームページの閲覧、作成
・メールの送受信
・会社の資料作り
・家庭の家計簿作り
・ゲーム
・画像編集(デジカメ撮影分)
・年賀状作成

パソコンを学ぶ理由付けをしっかり持てば、継続のモチベーションもあがるというものです。

まずは、インターネットを繋げてみましょう。
今ソフトなどが入っているパソコンを買うと、簡単にインターネットに繋がるようになっていますので、説明書を読まなくても画面に出てくる指示どおりに進んでいくと簡単に繋がります。
手続きさえ済ませてしまえばすぐにインターネットが出来るようになり、何でも好きなものを調べたりすることが出来ます。

ただし、同時に、プロバイダーと契約する必要があります。契約も、ネット上で行い、料金はクレジットカードの番号を打ち込むことで、すぐに接続が可能になります。それと、ADSLや光ファイバーなどの契約と工事をNTTと済ませておく必要があります。その辺もプロバイダーのマニュアルに書かれていますので、よく読みましょう。

パソコンでインターネットが出来るようになったら、メールを接続してみましょう。outlookのようにパソコンにすでにインストールされているものを利用しましょう。プロバイダーがメールアドレスを用意してくれますので、「自分のメールアカウント@〜・・・」というメールアドレスを使ってメールの送受信ができます。

ネットの設定やメールの設定は、プロバイダーのくれる資料を見れば、比較的簡単に利用できるようになります。分からない部分は、電話サポートなどを利用して、自分で接続すると良いでしょう。最近では、数千円をパソコン販売店に払えば、設定を全部やってくれるケースも多くなっています。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10121204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック