パソコンスクールとは

インターネットやパソコンをやってみたいけど、どうやったらいいのか分からない。最初の取っかかりだけでもパソコンスクールに通って習ってみたい。と考えている方は少なくないと思います。

最近は、学校でも「情報」の時間にパソコンを習うようですので、若い人は、自分でもやっていけますが、高齢者の方などは、触ったこともない方も多いので、自力ではとても使えるようにはなれません。

とはいえ、パソコンスクールと一言で言ってもどういうところに通ったらいいか分からないし、どういうことを教えてくれるかすら分からない。
受講料金がとても高いのではないか?と不安に思う方も多いと思います。

パソコンスクールには、Office系、ネットワーク系、言語系、CAD系、Web系など様々な分野があり、自分がどういったことを習いたいのかで進む所が違ってきます。

一般的なパソコンの知識をまず教えて欲しいと思ったら、office系から習得するのがいいと思います。


office系のパソコンスクールはMOSという資格を取るための勉強をするところが多いです。MOSというのは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)という事務系の資格です。ワープロソフトWordや表計算ソフトExcelの操作技能を検定する試験です。

MOSは学生などは、持っていれば多少は就職に有利な資格です。ただ、パソコンスクールの受講料金WordとExcelだけで15〜20万円ほどかかる所もあるようです。これを高いと思うかどうかは習いに行く人次第だとは思うのですが、全くの初心者が習うのであれば、WordとExcel位は習っておいた方がいろいろ便利ではないかと思います。

どんな資料を作るにしてもWordとExcelは使えますし、事務系の就職を目指す人には必須の技能です。自宅で文章を書いたり、表計算でお金の計算をする場合などにとても役に立ちます、

 

パソコンスクールで一通りの初心者向けの知識を習得して、それから色々な事にチャレンジして幅を広げていくようにすればいいと思います。

パソコンスクールを「パソコンは面白いし簡単だ」と思えるような、きっかけ作りと捉えることが大切です。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10121203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック