パソコンスクールは必須事項?

パソコンスクールは、パソコンを学ぶ人には必須事項なんでしょうか? 

パソコンを不自由なく使えるようにするにはどうすればいいのでしょうか。
 
パソコンスクールに通わなくても、パソコンを買って、毎日使っていると自然に覚えられるのでしょうか?
 
私自身がパソコンをマスターできたのは、仕事で使わざるを得なかったからです。
 
つまり、自分が使いたかったからではなく、使わざるを得ない状況にあったので、いつの間にか使えるようになったのです。
 
最初は、会社で簡単な講習を受けたり、分からないことがあったら、近くの人に尋ねたり・・・と苦労しましたが、基本的な操作が分かってくると、それ以上分からないことは、help(ヘルプ)で調べたりして、徐々に覚えてきました。
 
しかし、誰もがそういう状況にあるとは思えません。家族で詳しい人がいれば、いちいち質問して教えてもらうのが一番手っ取り早く上達も早いです。しかし、それも難しいことがあります。忙しい人に質問ばかりしていては迷惑を掛けることになります。
 
やはり、一番手っ取り早く、無駄なく計画的に学習できるのはパソコンスクールです。
 
問題は、通学時間や授業料です。仕事や学業が終わってから行くと、夜間になり、仕事や学業に差し支えないか検討する必要があります。また、土日を利用して集中的に行うこともいいのですが、家族サービスや自分の休暇に影響を与えそうです。
 
いずれにしても、何かを犠牲にして、パソコンスクールに通わないと上達できないでしょう。自動車の免許を取るには、自動車学校に通うように、パソコンを学びたければ、パソコンスクールに通うべきです。
 
ただし、自動車免許は独学では大変ですが、パソコンの場合。時間をかければ、独学でもある程度はマスターできます。
 
図解の多いテキストなどが市販されているので、ゆっくりその通りにやっていくと覚えることができます。最近は、講習用のビデオも出ていますので、学ぶ教材に事欠きません。
 
基礎だけをパソコンスクールで習って、後は誰か知り合いに教えてもらうなり、市販されているテキスト集を使うなり、通信教育で頑張ってみるなりしてみるのもいいですし、基礎は独学で学んで応用編(例えば、プログラミングやエクセルやワードの使い方)みたいなのをパソコンスクールで学ぶのもいいと思います。一から十まで全部パソコンスクールで学ぶのではなく、習いたい部分だけパソコンスクールを活用するといった柔軟な使い方を一工夫してみてはどうでしょうか?

また、全部パソコンスクールで教えてもらうとなるとかなり学費が高額になる可能性があります。そういう場合、もしあなたが雇用保険に5年以上加入しているのであれば、国から80%の補助金(上限有り)が出る制度がありますので利用してみるのも賢い方法です。ただし、補助金の対象となるコースで、コースを一定の基準で修了している必要があります。コースの修了後に、申請すれば、ある上限までの80%の授業料が還付してもらえます。以下に、この教育訓練給付金制度について概要を記載します。

■厚生労働省の教育訓練給付金制度について
  ○教育訓練給付金制度は、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の新しい給付制度です。詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

  ○一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了するとハローワークより補助金が支給されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10121202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック