パソコンでできること2

パソコンを使ってできることというのは無限といっていいほどありますが、普通の人ができるようになることには限度があります。それでも、家計簿から確定申告までお金の計算や記帳全般や、ブログやサイトに撮影した画像をアップしたり、簡単なところでは、メールやウエブ閲覧、DVDやCDを掛けたり、最近ではテレビ放送も受信できるようになり、パソコンでテレビを見ている人も増えています。


勉強次第で、このような基礎的な使い方から、もっと飛躍して高度な使い方もできるようになります。まずは、基礎知識を身につけることから始めてみてはどうでしょうか?

本屋さんに行って「初心者入門」「パソコンを始めてみよう」など様々なパソコン関連の本が置いてありますが、これが結構初めての人には難しいんですね。

 
言っている内容は実は簡単でも、使っている言葉がそもそも分からないことが多いのです。アップロードとかインストールとか、初めてパソコン用語を聞く人にはさっぱり見当が付かなくても不思議ではありません。


本を読みながら、用語を調べながらでも学習できますが、効率ということを館上げると、人の話を実際に聞きながら、パソコンを動かすのが一番習得が早くなります。できれば、問題にぶち当たったときに、個別にアドバイスしてもらえると、一番効率よく学習できます。
誰も自分で効率よくパソコンが学習できるなら、パソコンスクールは存在しません。

私もパソコンスクールに通ったことがありますが、やはり、レクチャーを聴きながら、パソコンを動かし、不明点を助手の人に個別に教えてもらうというのが一番分かりやすく効率よく学習できました。

 
また、本を読んで一人でコツコツやるよりも、人の声の方が印象に残ります。パソコンスクールには、ビデオで学習するところもあります。分からないところは、放映をストップさせたり、繰り返し流すことができるので、そういう形態もお勧めですね。
学べば学ぶほど、パソコンでできることは、広がっていきます。生活を豊かにする道具として、パソコンは、ますます21世紀の社会人に欠かせないものになっていくと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10121199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック